test

日本銀行


日本の中央銀行。
通貨を発行し日本中の銀行をコントロールしている影の支配者。

政府の子会社ではあるが、ジャスダックにも上場している。政府が55%の株式を所有しているが残りの株主が誰なのかは公表されていない。政治的な力からの独立が認められ、日本国民の多くがデフレに苦しんでいてもなんら有効な経済政策をとろうとしないという批判が高まっている。そのくせ日銀総裁の給料は3,578万円(副総裁2名 各2,827万円、審議委員6名各2,711万円平成20年調べ)とずば抜けて恵まれている。

日銀が積極的な経済政策を採ろうとしないのは公務員の保守的、消極性によるものだと説明する人もいるが、それははっきり言って間違いだ。そういう人はよっぽどのお人よしか、日銀の回し者だと思ったほうがいいだろう。

日本銀行とは紙切れをカネに変えることのできる公認の錬金術師集団だ。いつも黒子に徹して目立たないそぶりをしているが、実は権力のもっとも甘い汁をむさぼっている。決して子会社などではなく影の支配者だ。

一般庶民には関係のない話かもしれないが、世界の超大金持ちなどわかっている人間からすれば日本銀行を私物化したいと思うのは当然のことである。現にアメリカのFRB(米国の中央銀行)は国営ではなく、国際金融資本家によって所有されており、その権力闘争のためにリンカーンやケネディなど7人もの大統領が暗殺されたと言われている。

敗戦国となった日本はGHQに占領されることになったが、それだけ魅力的な通貨発権であれば米国が黙っていなかったことは容易に想像がつく。占領時にアメリカは日銀総裁を指名し、それ以降アメリカの意を汲むものだけが日銀の総裁となっている。日銀の歴代プロパーの総裁はすべて米国留学経験者であり、留学時に米国側からの洗脳が行われているといわれている。また日銀総裁は入社時にすでに決定されるとも言われている。

日銀は財務省の子会社であり、財務省からの天下りと日銀のプロパーが交代で総裁職を続けてきたが、実質は日銀のプロパーである総裁が副総裁時代から実権を握り続けるといわれている。

デフレの状況下にあって日銀がデフレを脱却しようと積極的な対策をとらないことが物議をかもしている。日本の通貨発行権を握り、経済に多大な影響力をもっているはずの中央銀行がデフレに苦しんでいる国民を見て見ぬふりをしているのだから処置のしようがない。

日銀は1998年に日銀法が改正されて財務省からの独立を勝ち取った。それ以来彼らの仕事は円の価値を守ることであり、国の景気や経済成長には関与しないという態度をとるようになった。日銀が独立を勝ち取ることができたのは政治の日銀への介入によって起こされたバブルの反省によるものだと言われている。しかし、実際にはバブルを起こしたもそしてバブルを崩壊させたのも日銀の意図に基づくものである。その背後にはアメリカの日本つぶしの陰謀があり、日銀総裁は彼らの意図に従って行動したのだ。思いっきり金融の蛇口を緩めバブルを起こさせておきながら突然金融を引き締める手法は、大恐慌時FRBがとった手法に酷似している。 

さすがにこの頃になって日銀法改正に問題があったと再度改正の動きも出ているが、おそらく日銀の独立の流れが逆行することはないであろう。日銀のカネに物を言わせた議会工作が行われるからである。

はっきりいって日銀は日本国民のものでないし、日本の景気がこれほど低迷を続けるのは日銀が国際金融資本家に操られ生き血を吸われ続けているからだといって間違いない。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録


2011年2月14日 | コメント/トラックバック(4)|

カテゴリー:経済用語解説

トラックバック&コメント

コメント

  1. avatar 新太 より:

    >国の管轄組織なら当然ながら公表してしかるべきものです。

    まさにその通りですね。

    なぜ公表していないのか?
    その理由を考えていくと、本当に『日本国の実質子会社』であるのか??という疑惑が雨雲のようににょきにょきと大きくなっていくわけです。

  2. avatar ケーキ屋少尉 より:

    そして、認可法人としながら、45%の出資証券保有者を公表しない極めて密室性が高い腐敗した組織でもあります。国の管轄組織なら当然ながら公表してしかるべきものです。

  3. avatar ただし より:

    「政府の子会社」ではなく、財務省所管の認可法人です。
    株券ではなく、出資証券を日本国政府が55%を所有しています。

    • avatar ケーキ屋少尉 より:

      出資証券を株というのである。意味は同じ。日銀は日本国の実質子会社であることは変わりありません。藩と名乗るか県と名乗るか州と名乗るか郡と名乗るかの違いにすぎません。


コメントをどうぞ

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Optionally add an image (JPEG only)

このページの先頭へ