test

新自由主義

ケインズ主義は政府に依存する経済政策だが、結果的に大きな政府を志向することになり、政府の借金が増大し、財政破綻や経済活動の停滞につながるといわれている。

その反動で生まれてきたのが新自由主義あるいは新古典主義と呼ばれるもので、自由競争をすべての基本とし、自由競争を妨げる制度を撤廃する構造改革を推し進める必要性を説く。

現在アメリカで主流になっているのがこの新自由主義で、グローバリズムなどとも関係性が強い。日本にも竹中平蔵氏などを中心に新自由主義が持ち込まれ、競争により格差社会が生まれたため、賛否両論の議論が今も絶えない。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録


2011年2月14日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:経済用語解説

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Optionally add an image (JPEG only)

このページの先頭へ