test

ロスチャイルド

世界の総資産の約半分、5000兆円を所有すると言われる世界一の金持ちのユダヤ人一族で、世界の経済を牛耳っていると言われている。本拠地はヨーロッパ。アメリカは保守本流のロスチャイルド一族が実権を握って言われているが、彼らも実はユダヤ人でロスチャイルドとはしっかりつながっている。

ロスチャイルドの創始者マイヤーロスチャイルドは自分の息子たちをヨーロッパ各地に送り銀行業を開拓させた。特にその三男ネイサンロスチャイルドは天賦の才を発揮し、1815年にはロンドン一の大銀行を作り上げた。

しかしロスチャイルド家が世界の富を独占するきっかけになったのはヨーロッパの天下分け目の戦いと言われるワーテルローの戦いだ。ナポレオンがイギリスと戦って敗れた戦いとして有名だが、ネイサンは張り巡らせた情報網を利用して他よりも1日はやく戦争の結果を知ることができた。彼はロンドン証券取引所においてあたかもイギリスが戦争に負けたように装い、他のトレーダーに公債を投売りさせたあと一転あらゆる公債をただ同然で買いあさって巨万の利を得ることができたのだ。

その時代に情報の重要さに気づきヨーロッパ全土に情報網を張り巡らせたロスチャイルドがその後世界の経済を牛耳ることになった。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録


2011年2月14日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:経済用語解説

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Optionally add an image (JPEG only)

このページの先頭へ