test

やっくんごりらの大統領就任

長老 新太殿

こんにちわ。
国家の信任を得てこの度この小さな島国の大統領に就任したやっくんごりらです。
この国は資源が無く、また人口もたった10人である。
日本のような経済大国になるには長い年月が必要かもしれない。
しかし、その期間、この国は常に上昇しつづけるのである。
私はまず、教育と経済に力を入れたい。

今は10名全員が採集型農業を営んでいるが、非効率である。
もっと楽してたくさん作る方法があるので、
栽培型に切り替え、できるだけ生産が高くなるように工夫しなさい。
余剰作物は将来的に輸出する。

また、空いている時間で別の仕事ができるようになさい。
最低一人2つはスキルを身につける事。たとえば、農業と大工。

次に、この国は非常に景色が美しい。
日本人が癒しを求めて喜んで訪れたがるだろう。
外資獲得のためにも、宿泊施設を整えなさい。
また国の名物になるような工芸品、イベントや伝統文化などを外国人の前で披露する準備をしなさい。(外国部門が存在するという設定であるのならば)

やっくんごりら大統領!!

さっそくの勅令ありがとうございます!!
農業の生産性を上げ、スキルを身につけるための教育に力を入れるわけですね!!
さすが、ご名案です!!
宿泊施設の充実にもぜひ力を入れていきたいと思います。
観光立国になれば外貨がたくさんたまりますもんね♪

(そして次の日)

やっくんごりら大統領!!
国民に話をしました。でも私の力ではいまひとつ彼らを説得することができません。
これまで彼らはのんびりと生きてきたので、必要以上の努力をするのに乗り気ではないようです。もちろんテレビや洗濯機はほしいといっていますが。。。。

このまま無理に彼らを働かすといきなり大統領のリコールということにもなりかねません。
彼らを快く動かすには結局カネしかない気がするのですが、大統領のお力でまとまったお金を工面していただけませんでしょうか?彼らに給料払ったり、学校を作ったり、海外からの技術者を招いて技術指導を受けたり、なにかと先立つものが必要になると思うのですが。。。。

どうでしょうか??とりあえず1億円ぐらい都合していただけませんか?

なに!?
努力をしたくないだと?
猪口才な農民め!
しかし、気持ちは分からないではない。
まず資金を用意する必要があるのはたしかだ。

では、まず我が国の中央銀行を設立しよう。
そこが我が国の通貨を発行する。
穀物100gを100円として発行するとしよう。
貯蔵分の穀物を換算すればちょうど1億円になるだろう。
それを国内で流通させるのである。

大統領!!

なるほど、金本位制ならぬ穀物本位制の通貨発行というわけですか!!
大統領の名をいただいて、やっくん円と名づけましょうか?

う~む、しかし大統領は少々わが国のことを誤解していらっしゃるかもしれません。
この国にはそもそも1億円に相当するような穀物の在庫はございません。
自給自足が原則でこれまでやってまいりました。
10人分の食料の在庫を供出したところでせいぜい数百万円程度にしかならんでしょう。
しかもいきなり国民の食料を取り上げるようなまねをしたら革命が起きてしまうかもしれません。

それと海外から技術者を招聘したり、機械や建築資材を購入するのにやっくん円は残念ながら
受け取ってもらえないと思います。 外国人にとってわが国のようなローカルな通貨というのは無価値でしかありません。彼らはドルかユーロ、円での支払いを要求してくるでしょう。
やはり外貨です。外貨を工面するしかないと思います。
外貨のないわが国は、そうです借金です!

わが国の国土を担保にして日本の銀行から1億円の融資を受けませんか?

なるほど、円を借りるのか。
しかし、その場合、日本国に上に立たれてしまい、我が国は日本国の属国になってしまいはしないか?

国土を担保にして通貨を発行する、土地本位制はどうだろうか?
とにかく自国通貨やっくん円を流通させる必要があるのではないか。

または、日本のような国債ではなく、株式会社のように株式を発行し、出資を募るというのはどうだろう?
その場合、株式の過半数は私と国民で保有しよう。

なるほど、円を借りるのか。
しかし、その場合、日本国に上に立たれてしまい、我が国は日本国の属国になってしまいはしないか?

国土を担保にして通貨を発行する、土地本位制はどうだろうか?
とにかく自国通貨やっくん円を流通させる必要があるのではないか。

または、日本のような国債ではなく、株式会社のように株式を発行し、出資を募るというのはどうだろう?
その場合、株式の過半数は私と国民で保有しよう。

さすが、頼りになる長老である。
説得力のある説明であった。
たしかに、外資の奴隷になるのは不本意だ。
それに、銀座でねーちゃんと遊べないのは困る。
外貨を呼び込むことにしよう。
好きなだけ金を刷れるのは魔法のようだな。
為替レートは1ドル=1000やっくん円で固定させよう。
安い方が観光客が来やすいだろう。

しかし、借金はどうも好かん。
日本は凄まじい借金のために国が傾いているらしい。
また、毎期ごとの返済に気を揉むのも好かない。
何か、他国から金が流れ込む方法はないだろうか?
聞くところによると、ルクセンブルクやシンガポールはかなりの小国にも関わらず、世界最高水準の一人当たりGDPをほこっているらしい。
噂によると、秘密は金融業にあるらしい。
我が国もこれを真似することは出来ないだろうか?
銀行家は錬金術師だと聞いている。
狭い国土に工場を建てまくるには限界がある。製造業ではなく、一気に金融で世界水準の活躍はできぬものか。

加えて、今国連への加盟準備を進めている。教育や開発で様々な援助が受けられるはずだ。

大統領!!お褒めいただきありがとうございますう~♪
大統領に褒められて嬉しくて涙がとまりませんんんっ
もうこうなったら大統領のためならいつでも命を投げ出しますよ~

早速、UFJ銀行の銀座支店に我が国の口座を開いて1億円の融資を申請しましょう。
あっ、そういえばまだ我が国の国名が決まっていませんでした。
口座を開くときに聞かれると思うのですが、なんていう国名にしたらよいでしょうか?

融資がおりたらまず、ソーラーパネルをたくさん買ってきてこの国の発電施設をつくりませんか?そして国民全員にパソコンを買い与えてインターネットができる環境を整えてあげましょう! そうすればやっくんごりら大統領の人気はうなぎのぼり、支持率100%も夢ではありません。 為替レート1ドル=1000やっくん円、これぐらいのレートだと輸出競争力も抜群に高まりますから

ガンガン輸出して外貨をためることができますね。観光客にもやさしいレートですね。
すばらしい発想ですよ。 (ただドルはこれからどんどん紙くずになっていく可能性があるのと、わが国は日本との交易が盛んに
なることが予想されますから、円にリンクさせたほうが何かと便利かもしれません。計算も楽ですしね)

そしていよいよやっくん円を発行しましょう!!
やっくん銀行の設立ですね。
ルクセンブルクのことは知りませんが、シンガポールもたしか政府通貨を発行しているようです。
おっしゃるように小国として金融業に力を入れるのは正しい方向かもしれませんね。
ただ海千山千の世界ですから、素人が手を出すと一晩でケツの毛まで抜かれるなんて心配もありそうですが。。。。

わたしめといたしましては、まずやっくん円を国内に流通させて経済活動を活発化させるというテーマに挑戦したく思っております。そうすれば自然と海外からの投資もついてくるでしょうから多くの外貨を稼ぐことができそうです。

おはよう、新太長老。我が優秀なブレーン。

わかった、早速UFJに融資を受けに行こう。
そのまま銀座でねーちゃんと遊びたいのをぐっと我慢し、ソーラーパネルとパソコンの購入設置を推進しよう。
これでエネルギーが自給できそうだな。
それらを買ったらいくら残るか?
ツイッターで国民投票もできるようにするぞ!

しかし、おもうのだが、エネルギーとパソコンが有れば、もうかなり幸せなのではないか?

国名だが、平成維新共和国はいかがか?
それともパイナップル共和国とかの方がいいか?
悩ましい。公募しよう。

1やっくん円=1円で固定しよう。

さて、肝心の産業であるが、やはり後進国として政府主導で公共事業として進めるか、それとも起業家として育成するか、どちらがいいだろうか?

また、何の産業が最適だろうか?
最初は一次産業から始めて、収益で農機や船舶を購入して拡大していこうか。
それともいきなりIT産業での立国は可能か?私は明るくないが、長老は詳しいだろう。

とにかく、国民には副業を許可して、どんどん稼いでもらおう。そして、貯金を投資に回してどんどん拡大させていこう。

やっくんごりら大統領殿!!

おはようございます。
優秀なブレーン!!なんてもったいないお言葉ありがとうございます!!
たとえ銀座に飲みにいけなくても我慢します(ちょっぴり期待はしていましたが、先に言われてしまっては
仕方がありません)。

今日も一日大統領殿のために身を粉にして働かせていただきます。
お忙しい中、国名を考えていただきありがとうございました。
先ほど国民全員に聞いてまいりましたので、結果をお知らせします。

アンケート結果
平成維新共和国     賛成1名
パイナップル共和国   賛成8名
その他
平成維新民主主義人民共和国  1名  

というわけで断然パイナップル共和国が人気のようです。決定でよろしいでしょうか?
どうも国民はたのしく気楽に暮らせればいいという気持ちが強いらしく、政治色の強い名前は好かないようでございますな。

ついでに大統領の支持率も調べて参りました。

結果は
大いに支持する    60%
支持する        30%
支持しない       10%

支持する理由
人格が信頼でききそう
実行力がありそう
何か面白いことをやってくれそう

支持しない理由
飲みに連れて行ってくれない

という驚異的な結果が出ております!!

ソーラーパネルとパソコンの購入をあわせておよそ1千万やっくん円というところでしょうか。
ホテルや学校をつくったり技術者を招聘するのに3千万やっくん円。。。
それから、そうそう、我々の給料も決めなければいけませんね。
大統領もいつまでも我が家に居候というわけにもいかんでしょうし。。。
思い切って大統領官邸として、パイナップルハウス建てちゃいますか?

いろいろ出費はかさみますが、我々には通貨発行という強い切り札があります。
とりあえず1億やっくん円ぐらい刷ってみますか?

正直本当にこれでみんなが働いてくれるか不安はあるのですが。。。それとハイパーインフレがやってこないかもめちゃめちゃ気になりますね。しかしやってみるしかないですね。    

我々の国民は正直、カネも技術もなく、おんぶにだっこですから、当面は政府主導の国営企業で進めていくしかないと思います。明治維新後の日本が渋沢栄一が中心になって国営企業をどんどん作り、後に民間に払い下げていった手法が参考になるのではないでしょうか。

産業は、うーむ、やはり観光立国が一番わかりやすいのでしょうかねえ。。。とりあえず1億円の借金を1年間で返済するとすれば2万やっくん円のホテル代で5000人に宿泊してもらう必要があります。 
1日あたり15人ほど泊まってもらえればOKですね。

単純計算で2年目から毎年1億円の外貨がたまることになります。
オプションツアーなども企画すれば実際にはもっと収益はずっと高まるはずです♪

また、IT立国ももちろん可能だと思います。
我々にしかないユニークなコンテンツを販売することですね。たとえばパイナップル共和国の立ち上げをシミュレーションゲーム化して誰でも同様の国家運営を経験できるようにするなんて面白いんじゃないでしょうか。

素晴らしい!
パイナップル共和国で行こうではないか!!
日本の姫路という街に、我が国名とよく似たラブホテルがあったが、まあ気にせずにいこう。名産でわが国のパイナップルも売れるであろう。
パイナップル型のパイナップルハウスも我が国の観光名所になるに違いないな!建設を急ごう。
(国名投票結果を見る限り、どうやら一名だけ人民民主主義者がいるようである。洗い出して思想矯正の必要がある)

支持率調査もご苦労であった。
当面は私もムバラクのような憂き目に会うこともないだろう。
飲みに行かないので不支持というのは、よもや、新太長老ではあるまいな?
開発が落ち着いたら、全国民で海外旅行とでも行きたいところだな。

さて、観光立国でいこうと思うが、我がパイナップル共和国をカジノ島にするのはどうか?「パイン・カジノ構想」である。
初期投資が巨大でたくさん輸入しなければならないが、収益も莫大だろう。

あるいは、人間の幸福は性との結びつきが強い。いっそのこと性産業立国というのはどうか?太平洋諸国からセックスワーカーを呼び込み、観光客の相手をさせる。無限の需要があり、これもかなり儲かるだろう。

楽して稼ぐには、この二つの産業は適しているのかもしれない。

紙幣であるが、1億やっくん円をまず刷り、国民1人100万ずつ配って流通させよう。
国民それぞれの経済活動によって適正価格で流通するだろう。
私たちの報酬は月50万で別に不便はないだろう。

パイナップル共和国の経営シュミレーションゲームはかなり好評を博するだろう。
私のように、正統の民主主義手続きと実際の国民の支持を勝ち取ることは一般の大衆にとっては極めて困難である。しかし、それがゲーム上で擬似体験できることは大衆の虚栄心を満たし、憤懣の解消に役立つだろう。
コミュニケーション性と自由度の高さに配慮すれば、大ヒットして我が国の文化面でのシンボルコンテンツになるだろう。

大統領!!

め、めっそうもございません!!
わ、私が大統領を支持しないなどということがあるわけはございません(汗)
大統領殿に疑われるぐらいなら、し、死んだほうがましでございますう~



そういえばパイナップル共和国のはずれにあまり人の寄り付かない場所があるのですが、
そこに1人でほったて小屋に住んでいる正男という浮浪者がおります。今回のアンケートに
よからぬ回答をしたのはきっとその男ではないでしょうか。。。

その男、父親は他国でかなりの有力者だそうですが、後継者争いに敗れてパイナップル共和国に
流れついたようでございます。

まあ、この国もまだ一枚岩というわけではございません。
あまりお気になさらずともよろしいのではないかと。。。

そんなことより大統領!! 
カジノと性産業立国、す、すばらしい構想ではないですかあ~!!!
大統領はやはり天才です!!!
これでパイナップル共和国は史上最強の地上の楽園となりますね。
世界中から美男美女と資本を呼び込み、全員素っ裸で暮らしていこうではありませんか!!!

先ほどUFJ銀行より連絡があり、銀座支店のパイナップル共和国の口座に1億円を振り込んだそうです。
さっそくソーラー発電システムとパソコンの設置、パイナップルハウスの建設に着工します。
ネットが開通したらユーストを使って大統領演説をお願いしたいものですな。

『意志の勝利』に並び称されるような血肉沸き踊る『パイン・カジノ構想』ぶち上げてくだいませ。
100万やっくん円のバラマキ承知いたしました。早速パイナップル銀行設立とパイナップル共和国紙幣の発行にも着手いたします。
それから給料のほうですが、私はたかだか一官僚の分際でございますので、30万やっくん円ほどいただければもう充分でございますよ~♪

大統領殿!!
報告させていただきます。
ソーラー発電システムの設置が終わり、パソコンもいきわたり誰もがインターネットを使える環境が整いました。
政府通貨も1億やっくん円の印刷が終了し、パイナップル銀行も営業開始にこぎつけました。
そして、大統領の命に従い各自に100万やっくん円をばら撒きました!

そりゃもうこの国はお祭り騒ぎです。
やっくんごりら大統領コールが朝から鳴り止むことがございません。
国民は今や遅しと大統領のご登場を待ちわびております。

もちろんそれは結構なことなのですが、ひとつ問題がございます。
やっくん円をばら撒いたまでは良いのですが、この国には何一つ買える物がないのでございました。

国民はせっかくもらったやっくん円をすぐに円に両替してしまい、日本からテレビと洗濯機、冷蔵庫を購入してしまいました。 しかもソーラーシステムの電力が足りないからなんとかしろと私に不平をもらす者まで出てくる始末でございます。

大統領、これではせっかく発行したやっくん円はまったく意味をなさず、逆に貴重なわが国の外貨を食いつぶす結果につながっておりますが、大丈夫でしょうか??

報告ありがとう!
迅速な手配、さすが長老である。
島の住民にも様々な過去があるのであるな。
私の肩にのしかかる責任の重さに改めて身の引き締まる思いである。

そうか、100万円で日本製の家電を購入したのか。
冷蔵庫を使ってアイスやジュースを売るビジネス、
洗濯機で洗濯代行ビジネスを始めさせたらやっくん円も流通するのではないか?
その際の価格も自然に任せておけば適切な水準に落ち着くであろう。

あと、電力が不安定とのことであるが、しばらくは電気を使える家庭を日ごとに割り振ろう。一日5軒ずつのローテーションにしよう。

ところで、長老、お尋ねしたい。
・我が国の面積はだいたいどのくらいか?
日本でいう淡路島やシンガポールくらいか?
四国ぐらいあるのだろうか?もっと小さいのか?
住んでいてもよくわからんのだ。

あと、提案がある。
パイナップル共和国の暦を作りたい。
私の就任年をパイナップル歴1年とし、
私が勅令を発する度に1年経っているという風にするのはどうか?
つまり今はパ歴7年ということになり、人口も少しは増えているはずである。

そして、毎年長老には我が国のGDPと人口を報告してもらいたいのである。
どうだろうか?

大統領!!

大統領はお若いのでご存知ないかもしれませんが、私がガキのころに『ひょっこりひょうたん島』というテレビ番組がございました。
ひょうたん島はひょうたんのような形をしており海の上にぷかぷか浮かんでおるのでございます。
実は私たちが住んでいるこの島はその『ひょっこりひょうたん島』でございます。
全長8キロというとても小さなものなのでございます。
参考までに昔の地図を添付しておきます。そこに書いてある建物はいまではすべて倒壊してしまっております。

http://img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/40/ce/hancoin00/folder/984321/img_984321_24804332_1?1269092493

パイナップル共和国の暦でございますか。。。
私めの感覚といたしましては大統領がいらっしゃってからまだ一ヶ月というところです。
このあたりはかなり磁力が強く、時間の感覚が捻じ曲がっておるのかもしれません。
大統領の感覚ですとあと10個も勅令が下れば私めは死んでしまいそうですが、大丈夫でしょうか??

GDPと人口増加のご報告は随時やらせていただきます。
とりあえず私の手元の統計をご報告申し上げますと、

人口10人 プラス 大統領 1名
GNP 0やっくん円 

でございます。

ナント!!
ひょっこりひょうたん島だったのか!!
どうりでここに赴任してきてから、船酔いの症状が出るはずだ。
病院も作るべきだな。

GDPの10%を税金として徴発し、私のサイフ、いや、私の金庫、いやいやいや、共和国国庫に納めるようにしよう。

そして島を4つの区域に分割しよう。
つまり、居住区、大統領府、パインカジノ兼風俗地区、もう一つは使途未定の予備区域だ。

暦についてだが、これは作った方が助かる。時間の秩序立った流れは必要である。
たしかに、一年おきは長いから、一月ごと、というのはどうだろう。
つまり今就任8ヶ月目だ。
GDP報告は一年に一度でも半年に一度でもよい。

ある国民から直訴があったのだが、どうやらここ数年、パイナップル共和国の海面が上昇しているようなのだ。
調査をして、それが本当ならば対策を打ちたいと思う。

                                        やっくんごりら1年8月1日               
大統領閣下!!

パイナップル暦採用の件、了解いたしました。
今後は公式文書にすべて上記のような暦を記したいと思いますがよろしいでしょうか。

島を4区域に分割するとは新しい発想で恐れ入りました。
こうすることで思い切った国土再開発計画を推進なさるお考えなのでしょう。

いったん私有地をすべて国民から取り上げて再分配するところから始めるとよさそうですね。
国家の基礎を固める絶好のチャンスでありましょう。

税金に関しましては、以前日本の首相が消費税の値上げを言い出してとたんに不人気になったということがございましたが、大丈夫でしょうか。下手にこの話を切り出すととたんに支持率が50%を切るなんて大きなリスクもありますからくれぐれもご慎重にお願いしたいと思います。

といいますのもそもそもこの国でそうまでして税金を徴収する必要はないという気がするのです。税金は結局やっくん円で徴収するわけですからそれであればやっくん円を刷ってしまえば話が早いのではないかとも思うわけでございます。

国内の状況ですが、国民は毎日テレビやインターネットに興じるばかりでまじめに働かなくなりました。私の顔を見るなり、次のバラマキはいつか?と尋ねてくるものばかりです。

これまでまったく目にすることができなかった他国の電化製品がとにかくもの珍しいのでございましょう。通販で買いあさる者ばかりです。
自分のところの農作物を金に換えたり、農作業を放棄するものまで現れましたから、国内の食料は一変に不足気味となり食料品の価格が一気に暴騰を始めました。

閣下の本日の夕食のお弁当も3万やっくん円で私がやっとの思いで手に入れたものでございます。 効果的な経済対策を打たないととんでもないことになりそうです。

インフレを押さえ込むためにとりあえずやっくん円の金利を上げてみますか?

パイナップル共和国の海面上昇の件に関しましてはまったく私の耳には入っておりません。なにかの間違いではないでしょうか?

国民が働いていないだと!?
なんと怠惰な!パイナップル人としての誇りは無いのか!

これは改革が必要だな。
まず、GDPであるが、自家消費分と貯蓄分の農産物(つまり全ての生産高)を計上するようにしてくれたまえ。

そしてそこに10%の課税を行うが、
生産高の向上に成功すれば、10%向上につき10万やっくん円の給付を行う。
これでインセンティブとしよう。
また、10歳未満の子供がいる家庭のみ税率を7%にして、人口を増やさせよう。

居住地区の移動であるが、居住地区への転居が必要な者には移転完了を要件に50万やっくん円を給付しよう。

紙幣を刷りまくるのはさらにインフレに油を注ぐことになり、よろしくないだろう。
ここは長老の進言どおりに、金利を上げ、貯蓄をさせよう。
食料が無ければ、魚を捕るようになるだろう。

公共事業を始めたいが、それは税収が入り出したら、それで始めることにしよう。
これで1月様子を見てみることにしよう。

                                            やっくんごりら1年9月1日

大統領閣下~

き、聞いてください。

昨日大統領の第九次勅令を国民に浸透させようと島を回ったのですが、途中でボコボコにされてしまいました。今日は口が腫れて飯も満足に食えない状態です。

大統領閣下のご指示の元、このパイナップル共和国が世界でもっとも幸せな国になると信じてこれまでやってまいりました。いえ、もちろん今でもその気持ちには変わりはございません。

しかし閣下、我々は国民のことを甘く見ていたようです。
彼らは変化を好みません。
ある日突然大統領が誕生して、ああしろこうしろと言われても素直に従うことができないのです。

大統領に実施していただいたやっくん円のバラマキ、私もこれですべての問題が解決するものとタカをくくっておりました。
こちらの狙い通り大統領の人気は沸騰いたしました。しかしそれはほんの一時的なものでしかございませんでした。
彼らは与えられるものはすべて都合よく吸収しますが、国家のために奉仕したり、何か新しいビジネスを始めたりという気持ちはさらさらないようです。毎日おいしい物を食べ、心配することなく、自然の中でのんびりと暮らせればそれで良いのでありましょう。 食料品の価格が暴騰してしまい、平穏な生活が侵されたことに腹を立てる人間が増えてしまいました。

そんな中、転居の話や新しい税制の話をしておりましたところ突然ボコボコにされてしまったわけでございます。 正直申しましてもし今支持率調査をしたら50%を大きく割り込みそうな空気です。

労働を拒む国民にどうしたら勤労の意識を芽生えさせるかという大きな課題が我々の前に立ちはだかっております。 自由主義的方法ですべてを神の手に任せるという手法はこのパイナップル共和国ではまだうまく機能しないようです。

問題を解決する方法は2つあると思います。

ひとつは国民意識を変えるための洗脳活動です。国家の、重要性、大統領の偉大さ、向上心を持つことの重要性を常々国民に訴えて行く必要があります。

そしてもうひとつは前にも話にありました国家による企業運営であります。
閣下の政策は非常に積極的で自由主義諸国であればすぐにも効果を発揮するすぐれたものばかりでありますが、資本主義がまだ根付いていないこの国では逆に国民の不満を招いてしまう結果になりかねません。

そこで我が国民を全員公務員として採用することを提言いたします。

まずこの国家に必要な職業を決め、国民を割り振り、やっくん円を給料として支払いましょう。物価も統制してしまえば解決するのではないでしょうか。

職業は以下のような構成でいかがでしょうか?

大統領          1名
官僚           1名
警察官          1名
農業従事者      2名
建設業従事者     3名
レストラン、ホテル、娯楽業従事者   3名 

計           10名 

こうすることで国家や国民の管理が非常にシンプルになり効率がすこぶるよろしゅうございます。

見舞いのパイナップル、どうもありがとう!
ビタミンCが私を蘇らせたのだ!

さて、我がパイナップル共和国は危機に瀕している。
税金が入らなければ国家は回らないのだ。
また、極めて国民の向上心に乏しく、ここは国家がイニシアチブを取らざるをえないようだな。
国民の公務員化を採用しよう。
それぞれ月収10万円ということにする。

そして、国民の動員のためにマニフェストを掲げよう!
1.今後一年間で所得を10倍に!
2.ギャンブルとセックスの理想郷を実現!
3.国立図書館建設であなたもインテリに!
4.一日5時間労働!
5.全国民に特製パジャマ支給
である。

さらに、実は私が熱病にうなされている間、突然のインスピレーションに打たれたのだ!
すなわち、この島は世界中を浮動している。
そこで、我が国の区画整理で、予備地区になっていた地区に米軍基地を呼ぶのはどうだろう?
かなり外貨がもたらされるにちがいない!
我が国は世界中を漂う不沈空母である。

これらのマニフェストは私が神の声を聞いた、という形式で交付を頼む。
我が国の民は神の前に立つこの私をもはや非難できないであろう。
ワハハハー

おはよう、長老。
おっしゃる通り、まだ体調が優れない。
きっと同じ大統領人種のムバラクの悲しみの念が伝わってきているのであろう。  

私の政策はさておき、ホームページの仕上がりは素晴らしい!
さすが新太長老!IT担当大臣を名乗ってよい!
ワードプレスは全く分からない。
今は長老に一任しておきたい。

パイナップル共和国の施政の全てを公開することは、世界史に残る快挙である。
究極の情報公開である。アサンジが泣いて悔しがるだろう。

さて、前回の勅令であるが、
私はこの国の国民には神秘的統治が有効ではないかと感じたのである。
それほど理性が発達していないように思うからだ。
しかし、それをネット上に公開すると、叩かれるな。やめておこう。

所得10倍計画は、達成出来ないようなら通貨を刷りまくろう。

特製パジャマは青地にパイナップルの柄がたくさん描かれているものである。
国旗に次ぐお休み時の国家シンボルになるであろう。   

                                            やっくんごりら1年10月2日

閣下!!!

ようこそご無事でなによりでございます。

閣下のご様子が確認できないときはいよいよ私も孤独に追い詰められ、よからぬことも考えてしまいます。前回はとうとうお気がお触れになられ国外逃亡でもされたのかと本気で案じておりました。

IT担当大臣拝命の件喜んでお受けさせていただきます。

ぜひパイナップル共和国ブランドを一流ブランドとして育て上げてまいりましょう。そうすれば閣下も私も俗世間のしがらみから完全に開放されることになります。特性パジャマも日本への輸出が急増し、外貨獲得の基幹産業へと成長することでありましょう。

ホームページはもう少々手を加え、近日中にオープン化へとこぎつけることにいたしましょう。たしかに世界史に残る快挙といえましょう!!!

今後はパイナップル共和国のゲーム化、小説化の両方を見据えIT担当大臣として粉骨砕身がんばってまいります(当面はこれまで通り官僚も兼務ということで。。。)

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Optionally add an image (JPEG only)

このページの先頭へ