通貨発行

徴兵権、徴税権に並んで国家の3大特権と呼ばれている。

金本位制の下では通貨を発行するのに一定の金の裏づけが必要であったが、管理通貨制度の下ではただの紙切れがカネに化ける。この通貨発行権をめぐって海外では多くの血みどろの戦いが繰り返されてきた。

国家運営のメリットを享受するためには、通貨発行権をどれだけ有効に利用できるかが大きな鍵である。

タグ


2011年2月14日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:経済用語解説

このページの先頭へ